7号・2013秋

NL07.jpg

【特集・妖女!】 Magical, Mystic and Monstrous Women!

  「人でなしの恋」は、江戸川乱歩の短篇小説の中でも秀逸な一篇だ。夫の不審な行動をいぶかしむヒロインの、情感あふれる一人称の語りも印象深く、広い意味でのホラーの秀作として世評も高い。それよりまず、題名からして秀抜ではないだろうか。「人でなしの恋」とはどういう恋なのか。読まずにはいられない。これから読むかたの興味をそがないよう、ちょっとだけ書いてしまうと、人でなしというのは非道とか無情とかを指すのではなく、文字どおり「人間でない」ということ。残念なのは、乱歩が古今東西の怪奇小説を語った「怪談入門」にも「恋愛怪談」という項目があるのだが、中国の古典作品のみ語っており、この自作には言及がなかった。
  ホラーの名作の中にも、ロマンスや、エロティックな要素を含むものは多い。が、それらのうちのかなりの数が、男性の側から書いているような気がする。澁澤龍彦の翻訳で名高いゴーチエの「死女の恋」では、修道士が女吸血鬼との恋を回想する。泉鏡花の「高野聖」は、修行中の僧が飛騨の山中で、獣に囲まれて暮らすこの世ならぬ美しい女に誘われる。平井呈一の「真夜中の檻」の主人公も男で、出会うのも異界の美女。レ・ファニュの「吸血鬼カーミラ」は女性の視点から語られる話だけれど、タイトルどおり相手も女性だ。そうそう、愛しい男のもとを女幽霊が夜ごと訪れる「牡丹灯籠」という古典を、忘れてはいけない。
  ここまでに挙げた作品の作者はみな男性。女性よりも恋愛に対して夢見がちなのだろうか。「人でなしの恋」に身を委ねたい、という欲求は、止まないものなのかもしれない。
  女性作家の恋愛怪談の作例として、エリザベス・ボウエンの「悪魔の恋人」を見てみると、作中でヒロインを迎えるこの世ならぬ男性が、彼女にもたらすのは、膨らんでゆく不安ばかり。そして、出会ったときに恐怖の針が振り切れる。普通の人間が相手でも、恋は楽しいばかりじゃない。まして相手が人ならぬものなら、怖いお話にならないわけがない。
  それでも、最近はロマンスにも「パラノーマル」というジャンルができて、美青年ヴァンパイアやゾンビのナイスガイが、王子様や野生児のお株を奪っているのだとか。「悪魔の恋人」の設定も、そちらに持っていけそうだが、怖さは残るのか、それとも他のものに変わってしまうのだろうか。
  今回の特集では、ブラム・ストーカー賞の受賞作を筆頭に、アメリカ、イギリス、カナダの新鋭たちの「妖女」テーマの作品を取り上げた。