休刊の辞

《ナイトランド》無期休刊のお知らせ

日頃より、《ナイトランド》をご愛読いただきまして、ありがとうございます。

「幻視者のための小説雑誌」として創刊した《ナイトランド》は、昨年9月より充電期間を置き、今夏より再開すべく、準備を進めておりましたが、諸般の事情により活動再開が困難となりました。
皆様にお届けしたい作品は多々あるのですが、新たな販路の設立をはじめ解決を要すべき問題が山積して、残念ながら、現在の私共には力が及びませんでした。 苦慮の末、近い将来に改めて再開するために、《ナイトランド》を無期限の休刊に入らせていただくことにしました。 同時に、予告しておりました《ナイトランド叢書》も企画を凍結させていただきます。

作家、翻訳者、画家、デザイナーの皆さまの素晴らしい仕事のお陰で、《ナイトランド》はホラーの傑作を何編も日本に紹介して参りました。 まだまだ日本の読者に読んで頂きたい物語、触れて頂きたいアートが数えきれないほど残っていることを思えば、我々の力不足が口惜しくてなりません。 現在の社会的環境が、怪奇幻想の種が芽吹き、大きく育って、花を咲かせるには、あまりに厳しいものであることを痛感しています。 ミニマムな出版活動には天の機、地の利が巡ってくるのを待つほかない、この現状をご理解いただけますよう、お願いいたします。 とは申しましても、《ナイトランド》が休刊しても、それがトライデント・ハウスの活動の休止を意味するものではありません。
時が巡り、機が満ちましたなら、また皆様に必ず、夜の国への案内状をお届けに参上いたします。

そのときまで、どうぞお元気で。

2014年5月吉日
トライデント・ハウス一同

8号発行についてのお知らせ

ホラーは今日、最も大衆的な読み物であると同時に、最も前衛的なる文学思潮である (創刊号より)

昨年三月、ナイトランドの創刊にあたり、このように書きました。

「高品質のホラーを、ホラーを愛する読者氏へ提供し続けること。そうして海外と日本との断絶を解消し、海外と日本国内で、よりホラーを深化させ進化させる優れた才能を発見し、育て、内外に紹介すること。それこそがナイトランドの使命であり、トライデント・ハウスの理念である。」
その理念に基づき、本誌は英語圏の活気あるホラー作品から、高品質のものを厳選し、掲載してきました。そして、多くの人々の御協力を得ました。内外の著者、翻訳者、イラストレーター、デザイナー......そして何よりも、読者の皆様。読んで、楽しんでくださることが、私たちへの最大の御協力となっています。
しかし、事業を進めれば、問題も起きてきます。著者との契約にはじまる様々なコストは、経済上の周辺事情も含めて、号を追うごとに増してきています。また、計画中の新たな展開は、準備期間と費用とを必要とするものです。そのために本誌の質を落としてはならない。そこで、次号の発行を来年まで遅らせることを選択しました。毎号を楽しみにしてくださっている読者の皆様には、お詫びするほかありませんが、これもナイトランドの成長のためとお許しいただき、見守っていただきたく、ここにお願い申し上げます。

ナイトランド・ホラー・セッション#2

朝松健×高橋葉介
「幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌『ナイトランド』presents
ナイトランド・ホラー・セッション2

新宿クトゥルーミーティング4

幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌『ナイトランド』presents
新宿クトゥルーミーティング4
「クトゥルー・ギャグ!」

本誌読者の皆様には表紙絵でおなじみのダニエーレ・セッラ氏(Daniele Serra)が、本年の英国幻想文学大賞を、アーティスト部門で受賞しました。

新宿クトゥルーミーティング3

幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌『ナイトランド』presents
新宿クトゥルーミーティング3

新宿クトゥルーミーティング2

幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌『ナイトランド』presents
新宿クトゥルーミーティング2

【購読者の皆様へのお詫び】

5月16日より、購読者の皆様に、御注文時に送信させていただきました入金確認メールが、ソフトの不具合のため再送されてしまいました。

御心配をおかけしてしまい、申し訳ございません。
なお、不具合はすでに修正されております。

また、皆様の御注文に支障をきたしたり、個人情報が外部にもれたりするようなことはございません。
どうぞ御安心ください。

今後も、お客様の情報は十全の注意をもって取り扱わせていただきますので、引き続き御愛顧のほどをお願い申し上げます。

創刊記念イベントの御案内

創刊記念イベントを以下のように開催いたします。
皆様の御参加をおまちしております。

ナイトランド・創刊の辞

18世紀のゴシック・ロマンにはじまるホラー小説はその後二世紀にわたり深化と進化を展開し続け、21世紀の今日、現代英米文学の重要な分野を形成している。現在、ホラーは恐怖と幻想と怪奇を語ると同時に夢と記憶と時間を語り、さらに神話と夢想と永遠を幻視する。ホラーは今日、最も大衆的な読み物であると同時に、最も前衛的なる文学思潮であるといっても、過言ではない。
オカルト探偵物語や吸血鬼譚、幽霊物語、情痴怨恨絡みの残酷と残虐、クトゥルー神話といった、袖珍本やパルプマガジンより生まれた幻想と怪奇への憧憬は、21世紀に至り、より新しい幻想へ、より現代的な怪奇へと生まれ変わりつつある。